読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東武新型特急車両500系リバティ「アーバンパークライナー1号」乗車

東武鉄道東上線系統を除く)で今日ダイヤ改正が行われました。

今回の目玉は、新型特急車両500系「リバティ」の運転開始ですが、リバティが充当される夜のアーバンパークライン(野田線)直通の「アーバンパークライナー1号」(大宮行き)に早速乗車してきました。

浅草発20:30ですが、余裕を持って早めに行って浅草で一人飲み。

銀座線改札に面したレトロな地下街を歩いて店を探したところ、昔からあったのかは分かりませんが、焼肉、ベトナム料理、タイ料理などアジアンテイストの店が多いのですね。当初はベトナム料理店に入ろうとしたのですが、30分後から貸切でそれまでしかいられないとのことなので断念。結局、先日も入った焼きそば福ちゃんに入りました。私とほぼ同時に同じくお一人様の大きな猫もとい橋本愛みたいな人が来ましたが、席は全く離れていました。

まずはハイボールで乾杯してサラミとチーズを食べましたが、ハイボールは濃い目なのかこれだけでかなり酔いました。

最後の〆は玉子入り焼きそばを食べました。

そして、発車1時間前ですが浅草駅に入り色々と撮影。1階の特急の発車案内には今回乗車するアーバンパークライナー1号も表示されていましたが、ここからは今までなかった大宮行きの表示が非常に新鮮なのは言うまでもありません。

そして、液晶画面による表示板には充当される車両のイラストが表示されるようになっていて、非常に分かりやすいですね。

その後は改札に入って待ちましたが、今まで快速と区間快速専用ホームだった5番線は、柵で閉じられて入れなくなっていて、新型車両運行開始の裏での寂しさを感じますね。

色々見ているうちに、今回乗車した1本前のリバティである「リバティけごん47号」(東武日光行き)+「リバティりょうもう43号」(館林行き)が入線。東武動物公園まで日光線方面と伊勢崎線方面の列車が併結するという今回の改正の目玉商品の一つでもありますが、今のところこれが唯一です。好評であれば増発される可能性もありそうですが。

前頭部が尖った複雑な造形であるが故に連結面は非常に広くなっていますが、転落防止のために警告音と音声で注意を促すほか、自動車のようなハザードランプも設置されていて、停車中に点滅していました。

20:00発の特急を見送った後にしばらくして、折り返し「アーバンパークライナー1号」となる列車が入線。

色々撮影したりしているうちに車内清掃が終わったので、車内に入りました。

ドア横上部には「Revaty」のロゴ入りプレートと川崎重工の製造銘板が貼られていますが、川重が東武向けに電車を受注したのは、戦後すぐに通勤電車を受注して以来なので、実に70年ぶりだそうです。

また、ドア横の手摺が光るのがなかなかかっこいいです。そして、連結面は複雑な造形故に普通の電車よりも貫通路が長く狭いです。連結面の様子を眺めていたら同じく連結面の様子を見に入ってきた篠田麻里子May J.を合わせたみたいな人と、この狭い貫通路の中央部で鉢合わせになってしまいました(汗)。もちろんここは私が潔く引き下がって彼女に道を譲りました。

また、車内表示器は東武の特急車両では初となるフルカラーLED式であり、多言語表記で英語、中国語、韓国語も表示されます。さらに表示だけでなく車内放送も4か国語対応でした。

アーバンパークライナー1号は、20:30に定刻通り浅草を出発。とうきょうスカイツリー、北千住に停車し、北千住で満員御礼となりました。

その後はせんげん台に停車しますが、ここに特急が停車するのも初めてとなります。今回の改正で今までの春日部止まりの「けごん」が「スカイツリーライナー」に改称され、同時にせんげん台にも停車するようになり、新登場の野田線直通のアーバンパークライナーも停車します。

今日はお試しで乗ってみただけの人も多かったのかもしれませんが、せんげん台では予想外に多くの人が下車しました。

そして、特急料金が必要なのもせんげん台までとなり、あとは終点まで特急料金不要になりますが、次の春日部からは野田線内だけの乗車の人もぼちぼち乗ってきました。

その後は岩槻まで各駅に停車した後に終点の大宮に停車しますが、最後のほうは短距離だから別に座らなくてもいいという人も多いのか、デッキに立っているだけの乗客も多かったです。

この光景を見て、北海道で札幌〜新千歳空港間は特急料金不要で快速「エアポート」になる特急「ライラック」「スーパーホワイトアロー」を思い出しました。特急から快速エアポートになる列車は今はありませんが、私があちらにいた頃は朝のラッシュ時にも走っていて、デッキだけ身動きが取れない状態だったのが印象的でした。北海道だから大丈夫ですが、首都圏ではまず考えられない光景ですよね。

そして、浅草を出発してから1時間弱で大宮に到着。大宮だったらJRを使った方がずっと距離も短いしその分早いのですが、ラッシュに揉まれずに座れるというメリットを生かして乗客を増やすという考えもあるのでしょう。

大宮到着後も写真を色々撮影。なお、アーバンパークライナー1号の折り返しは回送電車ですが、次のアーバンパークライナー3号(大宮行きと野田市行きを併結)は、大宮到着後に大宮発運河行きの「アーバンパークライナー2号」になります。これも今までは考えられなかった列車ですが、好評を得られて乗客が増えればアーバンパークライナー1号の折り返しも同様に乗客を乗せて運行する列車になるかもしれません。

大宮では撮影している人が沢山いたのですが、リバティの行先表示をバックに撮影している女性2人組(片方は戸田恵梨香似だった)に気安く話しかけた上に仲良くなってしまっているマニアがいて何だか悔しかったです(涙)。このマニアが2人を引き連れて改札を出てどこかに消えて行きましたが、私も大宮でやけ飲みしたい気分になってしまいました。

しかし、浅草で飲んで酔ったせいかどうも体調が優れないし、明日は浅草7:00発の「リバティけごん3号」に乗って、会津方面に行きたいので、やけ飲みは止めて帰ってきました。体調を整えて明日に備えます。

今回の日記、その他写真は、こちらにもアップしております。

https://blogs.yahoo.co.jp/silkroad_vx/40509527.html