読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玄米蕎麦抹茶パン

初めて手作りパンに挑戦してみました

と言ってもパン自体は年に数回しか食べる事は無い程の興味しかありません

米粉や蕎麦粉を入れて主食レベルになるのかを試したかったのがきっかけです

米粉を入れたレシピが色々とあったので参考にすると、玄米40%まで行けそうです

蕎麦粉のパンは20%までのようです

どうせ実験です、約30%で作ってみようと思いました

米粉 約20%

蕎麦粉 約10%

の配合にしてみました

残り約70%小麦は麺用に買っておいた全粒粉の地粉を使用

本当なら精白した強力粉が一番安定して仕上がるのでしょうけど、一応は健康志向的なパンを目指す方を優先しました

発酵にはビール酵母と市販のドライイーストを混合で使用

砂糖に黒糖

油脂はオリーブオイル

を使用

宇治なのでお茶の粉末を投入して緑色にしました

成功すれば素晴らしい内容ですが、さてさて・・・

いよいよ調理開始です!

しかし、一次発酵から壁・・・

発酵に通常の数倍の時間がかかりました

ベンチは普通

二次発酵も普通に行いました

そして焼き

粗熱を取って完成〜

流石に普通のパンのようには膨らみませんでしたが、そこそこは膨らみました

グルテンが少ない分、結着力が弱いのが大きい要因かと思われます

冷まして食べるとボソボソ感強めの仕上がりでした

小麦の悪さを減らせば、良さも減るということでしょうね〜

その分、玄米と蕎麦の良さがあるのだと思います

私はグラスフェッドバターとココナッツオイルの混合したものを作って、それを塗って食べました

市販のパンと思わずに、別物として食べれば何も問題は無いレベルです

しばらくは、パンは作らないかな・・・

それともリベンジしたくなるかな?