読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関心

書く関心はかなりある

見る、読む関心もかなりある

撮る関心はほとんどない

関心のない事でも

やってみてはじめてわかる

やってみる事も必要だ

やってみる事も大切だ

それでわかる事がある

やってみてわかる事が

会津の味と名所と温泉〜2017年4月東北縦断記2〜

・4月15日

 長距離運転と夜間のハッスルで身体のダルさを感じながらも、熱めのシャワーを浴びて、栄養ドリンクをクイっと一本飲んで、この日もロングドライブを再開。4日間の旅行の中で、この日だけ天気がイマイチでした。R4をこの日も南下していくと、宮城県南部の白石市あたりでは桜がほぼ満開、福島市ではちょうど見頃という感じ。どんどん東京へ近づいていく形ですし、土曜日ですし、桜も見頃なので、R4は終始流れが良くなかった。ただ、混みあうのはR4だけなのか、福島市会津方面へのR115に入った途端、ガラガラになりました。まあ、そんなもんだよなあ。

 R115は山越えの形となるので、天気も悪化、気温も低下してきました。福島市内は20度近かったのですが、10度以下に(笑) 一人、吾妻小富士OP(錯乱w)道路脇には雪が40cmやそこらは残っているように見えました。勾配はそれなりに急ではありましたが、カーブはさほど急ではない(個人の感想ですw) 走っていて気持ちのいいルートと思います。天気が良ければ、ですがね。この日も休まずにどんどん進みます。友人Kくんと13時に喜多方駅で待ち合わせだったのですが、とても間に合いそうになかったもので。後から思うと、仙台〜福島を高速でショートカットすべきでした。

 1時間遅れで喜多方駅に到着し、Kくんと合流するとまずは腹ごしらえで、喜多方ラーメンのお店へ。Kくんがレビューサイトか何かをタブレット端末で見て、近くならここは?と示したお店「きくすい」さんを尋ねました。おそば屋さんのようですが、ラーメンも美味しいらしい。実際食べてみると、チャーシューも分厚くトロトロでしたし、もちもちの麺としっかりした和風の出汁のスープ(そば屋だけに?)がとても美味しかったです。喜多方ラーメンというのは、こういう太くちぢれた麺も特徴の一つのようですね。おいしいお店はいくつもあるようで、また食べに行きたいものです。ホント。

 店外で満開の梅の花を見ながら食後の一服。この日、満開だったのは桜ではなく梅でした。福島県は東から順に、浜通り中通り会津と三つの地域に分かれていますが、中通り会津でもかなり気温も気候も違いました。この後、やや距離がありましたが、会津美里町伊佐須美神社へ向かいました。大学時代、「神道と現代文化」なんて授業も受けたので、神社についての造詣が……俺は深くないですが、Kくんは詳しいようです。でも、まあ俺も寺社仏閣は割と好きです。前日に中尊寺にも行ってますし、昨年もわざわざ永平寺に寄るぐらいには。

 この伊佐須美神社。祭神が菅原道真であり、智の神です。学業成就などを祈願するのが良いのでしょうが、俺は明日の福島競馬での大勝と旅の無事を祈願しました。印象に残っているのは、やけにおみくじコーナーが充実していること(写真参照) この規模のおみくじコーナーがもう一ヶ所あって、20種ほどのおみくじが置いてあったような。多すぎだろ(笑) 充実したおみくじコーナーで俺が引いたのは金運おみくじ。結果は「大金運」との文字。当たるも八卦、当たらぬも八卦ですが悪い気分はしません。話が前後しますが、前日、岩手県花巻市あたりで「通称・伊勢神社」なる神社を見かけました。なんだよ?通称って……(笑)

 車を出す前に、スマホで中山GJのレース動画を見て、的中を確認。おお、お賽銭とおみくじの効果が即表れたのかと満足して、会津若松市内へと向かいました。市内に入ると、新鮮組斉藤一(藤田五郎)さんのお墓があったのでお参りしました。72歳まで生きて、西南戦争にも参加したそうな。ほうほう。幕末の歴史が好きな方は訪れるのも良さそうです。品揃えが豊富な酒屋さんで、地酒を購入したあと、今夜の宿(旅館)にチェックインして、銀デミも駐車場へ置いてお出かけです。いや、そうしないと酒が飲めないじゃないですか。宿からはやや距離がありましたが、二人でおいしいおそば屋さんへGO!

 土曜の夜ですがおそば屋さんは意外と空いてましたね。昼間のほうが混むのかな。地酒をちびちびやりながら、こんにゃくの味噌田楽やら、そば味噌などをつまみにします。で、積もる話をいろいろとしました。かれこれ10年近く交際相手もおらぬ俺ですが、いたらいたで悩むこともあるようです。Kくんの話を聞いていると。とはいえ、ここまでの旅路も気の合うパートナーがいたら、もっと楽しかったのかなと思わないでもない今日この頃……。シメに水そば(写真参照)なるものを食べました。文字通り、つゆではなく地元のおいしい水につけてあるおそばです。そば本来の味を堪能できる、そばに自信がないと出せない代物。ほんのりと甘みを感じました。なかなか美味しかった。

 俺は会津若松駅そばに宿を取りましたが、Kくんは数駅離れたところに宿を取っており、終電だとゆっくりできないので、一本前の電車に乗ることに。ただ、タクシー呼んでも間に合わないし、小走りで駅へ……と思ったら、都合よくタクシー発見!呼び止めて飛び乗るとなんとか電車に間に合いました。良かった良かった。明朝、会うことにして今日はここでお別れ。宿に戻ると、向かいの温泉「富士の湯」で汗を流すことにしました。これがとっても良かった!実にさまざまな種類の温泉があり、1時間以上はさまざまな温泉に入りました。外国人の入浴客も多かった。弘前でもしばしば入浴する「高濃度炭酸泉」もアリ。泡風呂やら露天風呂、壷湯、薬湯などなど。湯上がりから1時間以上ポカポカでした。

 ホテルではなく旅館ですから、ベッドではなく布団。洋室ではなく和室。こういうところのほうが落ち着くなあ、俺は。旅館の方の対応もとってもアットホームでしたし、駅から3分という立地の割に、宿泊代もリーズナブル。また会津にきたら、また同じ宿、同じ温泉に入ると思います。正直、前日は3時間ほどしか寝ていなかったのですが、この日は6時間ほど眠れました。駅前ですが実に静かでしたしね。詰め込み旅行も2日目が終了。あっという間に折り返し地点。翌日に続きます。

【Burning Man 2017】女性性

 これだけを見たら女性のドレスに見えてしまうだろう。

 私もまるでウェディングドレスを作っている様な気になってしまったのだから。

 トルソーが女性体。

 白い布。

 胸から末広がりのスカートの様。

 まぁ、これは現状に引っ張られている見え方だが、これらを払拭させなくてはならない。

 しかし、女性性を持った形ではありたい。

おまわりさん

以前、白バイに捕まったところを走っていたら、

2つ前を走っていた車が撃墜された。(笑)

そこは3車線が2車線に変わるところで、

(センターライン寄りの車線がなくなる)

いちばん右側を走っている車の多くは、

加速して2番目の車線を走る車の前に入ろうとする。

白バイが隠れ潜んでいる場所は把握しているので、

今日もいるのだろうか、とのんびり走っていたら、

予想していた場所とは反対側、

路肩に止まっていたトラックの前から忽然と姿を現した。

自分は痛い目にあっていないというのもあるが、

その手があったかと、つい感心してしまった。(笑)

悪いのはスピード違反をしている車の方だし、

仕事に精を出すのは良いことではあるが、

交通量の少ない場所で罠を張るよりも、

街中を遊弋していた方が交通安全には寄与するだろうし、

得点を稼ぎたいのなら、歩行喫煙者を徹底的に締め上げた方が、

儲かるのではないだろうか。(笑)

その方が絶対、市民からも感謝されると思う。

免許更新の付き合いで、

久しぶりに鮫洲の運転免許試験場に行ったら、

すっかり模様替えされていて驚いた。

出入り口が妙にヤニ臭いと思ったら、建物内が禁煙なので、

用事の済んだ喫煙者が、出たとたん火を付けるかららしい。

待ち伏せ取締りをするなら、まずそこにしろよな。(笑)

それはともかく、せっかくお金をかけてリニューアルしたのに、

綺麗になったのは見かけだけなのが惜しい。

場所と目的から考えると、車で来る人は相応にいるはずなのに、

駐車場の造りが「普通」なのだ。なぜ、大崎ゲートシティのような、

「運転者に優しい」デザインを採用しなかったのだろう。

駐車場から受け付けへ向かうルートも不便なうえ、

案内表示もおざなり。

たとえば上の写真、エレベーターホールの表示だが、

ピーポくんって、家族がいたんだ)

駐車場棟から本棟へ複数の連絡橋がある施設も、

昨今では珍しくない。連絡橋がないならないで、

意味のないイラストを並べるよりも、

せめて1階に「受付」の文字を入れてほしい。

エレベーターから降りたら降りたで、

目の前に出入り口は複数あるのだが、

どれも免許関係者用ではなく、

受付の場所を示す表示もないから戸惑ってしまう。

ささいなことかもしれないが、小さな気遣いの積み重ねが、

積もり積もって組織や会社の好感度に繋がっていく。

モンペやクレーマーをつけあがらせる必要はないが、

ニュートラルな気持ちの人間に、

悪感情を抱かせるのは得策ではない。

警官と言うだけで目の敵にする人もいれば、

警察組織を陰謀渦巻く魔窟のように描くドラマもあるが、

私個人に限れば、警察とは良好な関係にあると思う。

公私ともに不愉快な思いをしたこともあるが、

総じて言えば、おまわりさんには感謝している。

そして今後もリスペクトし続けていければと思う。

それにしても、英国の警察官は紳士だったが、

NYの警官は感じが悪かった。(笑)

☆洋ちゃんの読観聴 No. 1198

☆洋ちゃんの読観聴 No. 1198               

スティーヴン・キング 「ミスター・メルセデス」            

ホラーの巨匠キングは、ときおりミステリーっぽい作品を

著す。だが、ホラー要素をのぞいた純粋ミステリーと

いうことで言えば、本作品が最初と言っていいように

思う。

母親と2人で暮らす20代の男ブレイディ。電器屋で

PC修理の出張業務のほか、アイスクリーム移動

販売の仕事をしている。ブレイディは不幸な生い立ちも

あり頭がいかれているサイコパスだ。

ブレイディは、職を求めてハローワークの会場に並ぶ

人たちめがけてメルセデスで突っ込み、8人の犠牲者を

出す。

退職し一人で暮らす元刑事ビル・ホッジスは暇を持て

あましている。ホッジスを監視しているブレイディは、

メルセデス事件の犯行を名乗り、ホッジスを挑発する。

そしてブレイディとホッジスはネットでの会話をはじめる。

メルセデスは盗難車で、車の所有者はノイローゼに

なり自殺をしている。ホッジスは所有者の妹に接触し

事情を調べる。そして、この妹ジャネルと恋仲になる。

かつての同僚に連絡し協力を依頼する方法もあるの

だが、ホッジスは自らの手で事件解決をはかる。彼に

協力するのは、黒人高校生のジェロームと、メルセデス

所有者の従妹のホリー。二人ともコンピュータに精通

しており、その技術を駆使して犯人ブレイディに迫る。

そして、ブレイディは第2の犯行を計画する。それは

最初のメルセデス事件よりはるかに大掛かりなもの

だ・・・。

最初から犯人は明らかにされており、元刑事が仲間と

協力して、少しずつ手がかりを得ながら犯人に迫る

という、オーソドックスな造りだ。少しJ.ディーヴァーの

ライム・シリーズと似ているかもしれない。

ホッジス、ジャネル、ホリー、ブレイディの半生と

いまの生活を明らかにしていくことで、それぞれの

キャラが引き立ってくる。そして現代のアメリカ社会の

断面も垣間見える。

とは言え、本作品は社会派ミステリーではない。

主役と脇役(ほんの少ししか登場しない人も含め)の

行動がバランスよく散りばめられており、手練れの

書きっぷりだ。

なお全体が3部作になっているらしい。本作品は

第1部ということで、今後の続編に期待したい。

東山魁夷

東山魁夷 「人影のない草原に腰をおろして、刻々に変わってゆく光の影と綾を、寒さも忘れて眺めていると、私の胸の中にはいろいろな思いがわき上がってきた。喜びと悲しみを経た果てに見出した心の安らぎとでもいうべきか、この眺めは対象としての現実の風景というより、私の心の姿をそのまま映し出しているように見えた。私は涙が落ちそうになるほど感動した。なぜ、あんなにも空が遠く澄んで、連なる山並みが落ち着いた威厳に充ち、平野の緑は生き生きと輝き、森の樹々が充実した、たたずまいを示したのだろう。今まで旅から旅をしてきたのに、こんなにも美しい風景を見たであろうか。」。ここは、肥後平野と阿蘇山を眺望する場所です。東山魁夷は1945年春に召集され熊本へ行きます。戦車への体当たり攻撃の演習の日々の中で、この風景を見て涙が落ちそうになるほど感動しました。母と弟の相次ぐ逝去やさまざまな苦労の中で、風景画家として立つ決心をしました。題名は、「残照」(1947年)東京国立近代美術館蔵です。第三回日展で特選となり、政府買い上げとなりました。

4/19 おはようございます

おはようございます。

今日は地図の日(最初の一歩の日)、飼育の日、食育の日、養育費の日、乗馬許可の日、「ローマの休日」が日本で封切りされた日です。

今日もよろしくお願いします。