読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱぱんがぱん

きょう起こった、田舎の鉄道とチューリップとモンキーのセツナイ話でも話をしようかと

思ったが、チューリップの花弁を漬物にして春の漬物にしてお出ししたら

それこそ美味しいとおもうにつけ、砺波のチューリップ祭りに関する

変態への道のりは

春の修羅である

甘いなと

例えば

本田のバイクの開発の話をすると

己の変態の開示度につき

それは主にバイク雑誌で読み解いたものだが

ヤマハがこの技術レベルで攻めてきたから

本田的には、NSR500で培ったこの技術を早めて

この年度の市販モデルには盛り込みたいみたいな話とか聞いても

その最先端技術フィードバックを味わいたし!消費者的には、なんだなかー

(もぅ、新車のバイクなんて何年も買えないぐらい日本経済は落ちぶれているが

ぜんぜん、関係ないけど

猫かいたい

やばいでしょ

山本昌氏、開幕19戦白星なしの中日先発陣に「異常事態」

(ベースボールキング - 04月22日 19:22)

祝☆チームJAPAN-国別対抗戦--

感動いっぱいの大会になりました!!

フィギュアスケート国別対抗戦(*´ω`*)。

そして!!!!!

祝!!3年ぶりの金メダル!!!!!!(≧▽≦)

今回の大会「チケット、今のうちに取っといた方がいいよ?」と言われていながら「選手が決まるまではー」と悠長なことを言っていたので、昌磨くんの出場が決定したときには「ときすでに遅し!!」だったんだけど、どーしても観たくて、女子&男子SP、男子FSの2日間は、なんとかチケットをゲットして、Sスタンドより生観戦!!

カナダ、アメリカ、ロシア、フランス、中国

日本を含め、海外からエントリーされた選手もとても豪華でワクワクでした。何気に羽生結弦さんの演技を生で観るのも、初めてだったんだよね。

そのゆづ君。

SPのプリンスで珍しく4回転を2本ともミスしちゃって、まさかの7位発進。演技後は誰も声をかけられないんじゃ…ってほど、重〜〜い空気に満ちてて、先にSPを終えてた昌磨くんはオロオロしてたり、感情移入して涙ぐんでたりしてたんだけど、それでもチームがゆづ君を元気づけてる様子が、なんか素敵だった。こーゆーのも団体戦の良さ…なんだろうね♪

特にゆづ君はいつもひとりで孤独に戦ってる印象があるから、今回チーム戦で戦えたことは、すっごく良かったんじゃないかなーって思った。

翌日のFSはたくさんのファンが応援する声と、シンと静まり返った緊迫感の中で始まって、若干ミスはあったものの、孤高の苦しみの中にほとばしる信念や王者のプライドみたいなものに、見ていて心打たれた。

昌磨くんは最後にとっておいて…(*´ω`*)

バトンを引き継いだ女子FSも素晴らしかった!!

三原舞ちゃんに、樋口新葉さん。

ふたりとも145点を越えるシーズンベストを叩き出す、素晴らしい演技だった!!

舞ちゃんの安定感のある溌剌とした演技、伸びやかなスケーティングにはいつも幸せにさせられるし、新葉さんは、今季、苦しい戦いが続いていただけに、完璧なシェエラザード後のガッツポーズに、TVの前で熱烈な拍手を送っちゃいました。

女王メドベージェワに続いての、2位、3位に並ぶってのは、ホントにすごい!!みんなで想いをつないで、とった団体戦、金メダルだったなーと思う。

最後に…昌磨くん。

こんなに1年間を追って、ひとりの選手を応援しつづけたのは私初めてで、宇野昌磨くんという魅力あふれる選手に出会えたことに感謝。

表舞台の見える部分だけでなく、たくさんの挑戦、試練、不安、葛藤があったと思う。ひとうひとつの試合の中にもそれは見え隠れしてたし、一ファンとしても、息をするのを忘れそうなほどの張りつめ感の中で見守り、応援した試合もたくさんあった。

でも、そのすべての試合で最終的に表彰台にのぼり、課題を克服して次の試合に繋げ、進化し続けていった昌磨くんは本当に素晴らしいアスリートだと思う。

かわいさとボケボケした天然ぶりとか

ギャップにも癒されたけど…(笑)

あと昌磨くんキッカケで出会えた大切な友達もいるし♪

昨日、今季最後のFSを会場で見届けて…そういえば「ブエノスアイレス午前零時〜ロコへのバラード」の初お披露目だったファンタジーオンアイス(6月札幌)も観てるんだなぁーって思い出した。ひとつのプログラムの最初と、試合としての最後を見届けられるって素敵。

あとのインタビューで知ったけど、昌磨くんも「ブログラムへの感謝をこめて滑った」って言ってた。2度目のフリップは残念ながら失敗だったけど、最後の最後まで挑戦し続ける昌磨くんが、やっぱり好きだ!!

来季は平昌オリンピックもあるし、もしかしたら、ゆづ君と直接対戦できる最後のシーズンになる可能性だってある、その中での次なる進化と1戦1戦の戦いが、今から楽しみ(*´ω`*)

でもホント。

明日のエキシ終わったら、とりあえず、おあずけにしてた甘いもの(ケーキ?)でも食べて、オフに身体を委ねてほしいです♪

たくさんの感動をありがとう!!!!!

ウラジーミル君、こいつ、やっちゃってよ!!

■レーニンの遺体どうする? 埋葬法案にロシア世論割れる

(朝日新聞デジタル - 04月22日 14:53)

プレ・ルビー婚

先日「ルビー婚」のことを書きましたが(詩にも書きましたが)。よく考えてみたら結婚39周年でした。ルビー婚は来年。それでもアニバーサリーにちがいはないので、予約通り地元のステーキハウスで食事をしました。若い二人も同席してくれて、4人でたのしく三田肉のステーキディナーです。ピアノの生演奏が聞こえるなか、ペイドックの赤ワインもボトルで注文して。フィレ肉の量を選べるのですが、一番小さいのが130グラム。これでも多すぎるので、そこは若者に手伝っていただいて、あとはほぼ完食。美味でした。

食後は家に帰って、今度はボルドーの赤で再度乾杯。ふだんより少し上等のグラン・クリュです。美味。古いLPレコードなどを聴きながらしばし歓談。たのしい一夜でした。

深夜ワインはイタリアの赤。立て続けに3種類の赤ワインを飲んだことになります。音楽はビル・エヴァンス。ゆったり過ごした1日を終えて、次の仕事(詩事)のことなど考えています。そんな春爛漫の羽曳野の夜。

節気

#おはようございます!

曇った空の土曜日の朝!雨が降らない予報!(^^v

個人的にはボチボチ軽く雨が欲しい気分

畑の水遣りの代わりなんだけどね!(^^;

先日郊外のホームセンターが激混み

いつもは空いている平日の朝のことなんだが・・・

気になって駐車場に車を進めたが空いていないので退散

地元の仲間に話を聞けば農家が夏野菜の苗の仕入れに来てる

この地域ではだいたい同じ時期に農作業が一斉に行われる

種蒔や収穫に土の手入れや防虫作業などほぼ同じ時期だ!

真似するのが一番と参考にしているが手遅ればかり(^^;

ここでは二十四節気を知っている必要があるかも?

さて今日も活動開始です!良い週末を!(^^V

コーリング・ユー

金曜日・・・仕事が割と早く片付いたので、地下鉄駅から車を走らせて海へ・・・

国道を抜け海へ向かう・・・

有料道路の高架を潜ると街灯りは無くなり真っ暗になる。

そのコントラストはクリスマス・ツリーの電源を引っこ抜いたかのようだ。

文字通り闇雲にレンズを向ける。

漆黒の闇の大地

沈黙が深い・・・鼓膜を圧迫するような静けさ・・・

青が争って「静」

自分の呼吸音を感じる。時に自分の血流や鼓動すら聞こえる気がする。

光源と生命の熱源

電話して欲しい・・・見知らぬ夜

誰かの声が聴きたい・・・

携帯フォンは持っているのに・・・闇の中の電話ボックスに惹かれる・・・

何故だろう?

頭の中では古い映画のテーマ曲が流れている・・・